転職するならJava!エンジニアーズスペース

人気の理由に迫る!Javaエンジニアについて知ろう

人気・需要・将来性!転職するなら、Javaエンジニアが一押し!

よく見られている記事

Javaエンジニアとは

Javaエンジニアとは

いまのところ、Javaエンジニアのニーズは途絶える気配がありません。未経験からエンジニアとして転職を狙うのであれば、尚のことJavaを学ぶのが賢い選択と言えるでしょう。まずは、Javaの魅力をのぞいてみませんか?Javaという言語の概要、ニーズが高い要因、Javaの面白さなどを紹介します。

Javaエンジニアとはの記事一覧

Javaとはどういうものか Javaとはどういうものか

Javaというプログラミング言語の特徴は、プラットフォームに依存しない点と、オブジェクト指向である点にあります。前者はソースコードをコンパイラする時に、他の言語が各プラットフォームごとに実行可能なコードを作成するのに対して、Javaはまずプラットフォームに依存しないバイトコードを含むクラスファイルを作成し、更にその後にJava仮想マシンによって各プラットフォーム上で動作するようバイトコードを解釈するということです。またオブジェクト指向とは、コンピュータに対する命令に大抵は含まれる、「対象」を中心としてプログラミングを考えるというものです。 Javaとはどういうものかの詳細はこちら

Javaエンジニアのやりがいとは Javaエンジニアのやりがいとは

Javaといえば、初心者向けの汎用性の高いプログラミング言語というのが一般的な認識です。従って就職をしたりクライアントの依頼を受けるという場面において、他のプログラミング言語であれば、実績や経験よりもまず知っているかどうかで話が決まることも少なくないのに対して、Javaプログラマは実績や経験が不可欠という現実があります。また処理速度を遅くして汎用性の高さを実現しているため、実用には向きにくい面もあります。しかし誰もが共通言語として学習するぐらいに、主要な概念や機能を搭載している上に次々と追加しているJavaを、困ったときに帰る場所として活用すれば、可能性は無限に広がります。 Javaエンジニアのやりがいとはの詳細はこちら

Javaエンジニアのニーズとは Javaエンジニアのニーズとは

Javaは数あるプログラミング言語の中でも最も人気があるといえます。これはJavaの開発環境が比較的簡単に手に入り、習得しているプログラマーの数が多いだけでなく、初心者の学習用言語として取り入れられていることが多いからです。Javaを習得することで他の主要なプログラミング言語で応用が利く技術や知識、考え方などを身につけることができます。エンジニアどうしの間で共通言語となるプログラミング言語だと考えられている節もあるので、Javaエンジニアのニーズがなくなることは基本的にないでしょう。しかしJavaのみで実際の開発に通用するという訳ではないので、その他に言語やツールを習得していく必要があります。 Javaエンジニアのニーズとはの詳細はこちら

Java未経験者にオススメの記事

Javaエンジニアのやりがいとは

Javaにはプログラミングを習得する上で必要となる一通りの概念が網羅されており、最初に覚える言語としても最適です。Javaは初心者向けの言語であるとして敬遠するエンジニアもいますが、Javaの採用範囲の広さと需要の高さをみれば、敬遠すべき言語なのかどうかは一目瞭然です。エンジニアの世界ではJavaができるというだけで有利になることはありません。いかに使いこなせるかが腕の見せ所です。

未経験でもJavaエンジニアに転職できる?

IT系開発現場は慢性的な人材不足に悩まされ、WEB系やスマホアプリ開発などは猫の手も借りたい状況にあります。とはいえ、本当に猫の手でも良いのか言えば、当然のことながら答えはNO。忙しいからこそ、即戦力を求めているのが本音です。では、未経験者が入る隙間はないのかと言えば、そんなことはありません。経験者よりも不利になることは確かですが、未経験者可の求人募集を狙えば可能性は十分にあります。

まずはJavaエンジニアとしてのプロを目指す

Javaエンジニアとしての一歩を踏み出したら、プロのJavaエンジニアとしての道を究めるべく、スキルアップのための勉強を積み重ねる日々が始まります。進化の早いIT技術を扱うIT系エンジニアたちは、どんなベテランであっても常にスキルアップと知識の習得に励んでいます。自ら貪欲に学ぶ姿勢がなければエンジニアとしての道は途絶えると言っても過言ではありません。

↑ ページトップへ

Copyright © 2015 転職するならJava!エンジニアーズスペース All Rights Reserved.