転職するならJava!エンジニアーズスペース

Javaエンジニアのプロになるために、やるべきこととは?

人気・需要・将来性!転職するなら、Javaエンジニアが一押し!

よく見られている記事

まずはJavaエンジニアとしてのプロを目指す

Javaの学習法1:インターネットを活用する

サン・マイクロシステムズ社の開発したJavaは、パソコンやスマートフォンなど様々な家電に組み込まれているプログラミング言語です。今なお開発・発展が続いているため、プロのエンジニアたるもの日頃から最新の情報を取り入れて学習する気構えが欠かせません。
その手段として最も効率的なのが、WEBサイトの情報をチェックすることです。エンジニア向けの専門フォーラムにアクセスすれば、様々な技術の詳細な解説を閲覧することができます。経費がかからない上に空き時間を利用して勉強できるという強みがあります。実際にJavaで仕事をしているエンジニアが満足できるほどレベルの高いWEBサイトは限られていますが、ぜひ有効活用したいものです。

Javaの学習法2:書籍を参考にする

Javaを本格的に学習したいのであれば、書店で販売されている専門書を読むに限ります。Javaの基本構造、用途、高度な戦略など多彩な情報が網羅されていて、プロのエンジニアにとっては欠かせないアイテムです。購入コストがかかるのが難点ですが、それだけの価値は間違いなくあります。
また、語学力に自信のある方には、最先端のIT技術が集結するアメリカで発刊された洋書を読むことをおすすめします。Javaの勉強とともに英語の学習もできるため、外資系企業への転職時に大変重宝します。
なお、あまりにも古過ぎる書籍には旧バージョンのJavaの情報しか掲載されていない場合があるので、できるだけ新刊を選ぶようにしましょう。

Javaの学習法3:上級者から教わる

本やインターネットを活用した勉強もいいですが、独学にはどうしても限界があります。いくら考えてもわからないような難問に出くわしてしまった時、なかなか解決することができません。
そんな時は、周囲のJavaエキスパートと交流を図って直接教えてもらいましょう。面と向かって直に説明してもらえれば、納得いくまで理解を深めることができます。
身近に上級者がいない場合でも、プロのJavaエンジニアが作成したソースコードを解析してみるという手があります。エキスパートのテクニックは、初心者~中級者のエンジニアにとって良いお手本になります。

Javaの学習法4:資格を取得する

Javaの資格取得を目指して試験勉強すれば、必然的にJavaのスキルを高めることができます。書店で販売されている認定試験用の参考書を読み進めることで、初心者の方でも段階的に勉強できるメリットがあります。
サン・マイクロシステムズ社公認のJavaプログラマー、サーティファイが実施しているJavaプログラミング能力認定試験など様々な試験が実施されているので、自分のレベルにあった試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Java未経験者にオススメの記事

Javaエンジニアのやりがいとは

Javaにはプログラミングを習得する上で必要となる一通りの概念が網羅されており、最初に覚える言語としても最適です。Javaは初心者向けの言語であるとして敬遠するエンジニアもいますが、Javaの採用範囲の広さと需要の高さをみれば、敬遠すべき言語なのかどうかは一目瞭然です。エンジニアの世界ではJavaができるというだけで有利になることはありません。いかに使いこなせるかが腕の見せ所です。

未経験でもJavaエンジニアに転職できる?

IT系開発現場は慢性的な人材不足に悩まされ、WEB系やスマホアプリ開発などは猫の手も借りたい状況にあります。とはいえ、本当に猫の手でも良いのか言えば、当然のことながら答えはNO。忙しいからこそ、即戦力を求めているのが本音です。では、未経験者が入る隙間はないのかと言えば、そんなことはありません。経験者よりも不利になることは確かですが、未経験者可の求人募集を狙えば可能性は十分にあります。

まずはJavaエンジニアとしてのプロを目指す

Javaエンジニアとしての一歩を踏み出したら、プロのJavaエンジニアとしての道を究めるべく、スキルアップのための勉強を積み重ねる日々が始まります。進化の早いIT技術を扱うIT系エンジニアたちは、どんなベテランであっても常にスキルアップと知識の習得に励んでいます。自ら貪欲に学ぶ姿勢がなければエンジニアとしての道は途絶えると言っても過言ではありません。

↑ ページトップへ

Copyright © 2015 転職するならJava!エンジニアーズスペース All Rights Reserved.