転職するならJava!エンジニアーズスペース

主要な概念や機能の殆どが詰め込まれたJava。エンジニアのやりがいをご紹介

人気・需要・将来性!転職するなら、Javaエンジニアが一押し!

よく見られている記事

Javaエンジニアのやりがいとは

初心者向けと侮るなかれ

一般的に玄人志向の人には敬遠されがちなJavaですが、確かに初心者向けのために習得人口が多く、差別化を図りにくいといえるかもしれません。実際のところJava以外のプログラミング言語を必要とするクライアントであれば、経験や実績が二の次になるというのに、Javaプログラマの場合には、実績が無ければ相手にされないという面もあるのです。もちろんJava以外の言語も習得する柔軟さは大切ですが、最初にJavaを習得するメリットは十分あるのです。

Javaは宝の山

Javaにはプログラミング言語における、主だった概念や機能が網羅されていると言っても過言ではありません。だからこそ初心者にも学習しやすくて、流行り廃れに左右されにくく、使い方次第では行き詰ったときに打開策を見つけられる宝の山になるかもしれません。Javaの学習において、他の言語にも共通する概念や機能を確実に理解して身に付けることで、プログラミングやシステム開発における可能性は自ずと広がります。もっともJavaといえど次々と新しく生まれるプログラミング言語の中で、決して万能では無いことも事実です。汎用性を重視した分、やむを得ず処理速度を犠牲にしているため、より早くよりスムーズにという現場の要求に対して、実用という面では確かに他の言語に劣ります。従って初心者にとっては必須言語であるとはいえ、その枠内に引き籠もるのではなく、積極的に他言語を学習することも必要です。もちろんその際に、Javaのスキルや知識が確実に生きることは、言うまでもありません。

Javaから始まる

たとえどんなプログラミング言語であっても、使えなければ意味がありません。その言語を使いこなそうと思えば、色々と試行錯誤を繰り返す必要があるのです。時には必要に迫られながら学習の範囲を広げ、貪欲にスキルや知識を習得する努力を行うのは、どんなエンジニアでも同じです。活躍の場を増やそうと思えば、実績を積んで自分の可能性を広げることが必要ですし、そうすれば自ずと道が開けます。これまでに無いもの、これまでであれば出来なかったものを実現しなければならないプログラマやシステムエンジニアにとって、どれほど経験を積んだとしても、これまでに経験したことの無い難題にぶつかります。それを解決するためには、自分やチームの持てる力を総動員しなければなりません。行き詰まったときには「基本に返れ」が合言葉になりますが、Javaはまさにその「基本」であり、自分自身とチームが立ち返る場を与えてくれるのです。つまり初心者であれば誰でも学習するJavaは、このような危機に直面する様々なチームスタッフの共通言語として、大切なコミュニケーションツールにもなるのです。

Java未経験者にオススメの記事

Javaエンジニアのやりがいとは

Javaにはプログラミングを習得する上で必要となる一通りの概念が網羅されており、最初に覚える言語としても最適です。Javaは初心者向けの言語であるとして敬遠するエンジニアもいますが、Javaの採用範囲の広さと需要の高さをみれば、敬遠すべき言語なのかどうかは一目瞭然です。エンジニアの世界ではJavaができるというだけで有利になることはありません。いかに使いこなせるかが腕の見せ所です。

未経験でもJavaエンジニアに転職できる?

IT系開発現場は慢性的な人材不足に悩まされ、WEB系やスマホアプリ開発などは猫の手も借りたい状況にあります。とはいえ、本当に猫の手でも良いのか言えば、当然のことながら答えはNO。忙しいからこそ、即戦力を求めているのが本音です。では、未経験者が入る隙間はないのかと言えば、そんなことはありません。経験者よりも不利になることは確かですが、未経験者可の求人募集を狙えば可能性は十分にあります。

まずはJavaエンジニアとしてのプロを目指す

Javaエンジニアとしての一歩を踏み出したら、プロのJavaエンジニアとしての道を究めるべく、スキルアップのための勉強を積み重ねる日々が始まります。進化の早いIT技術を扱うIT系エンジニアたちは、どんなベテランであっても常にスキルアップと知識の習得に励んでいます。自ら貪欲に学ぶ姿勢がなければエンジニアとしての道は途絶えると言っても過言ではありません。

↑ ページトップへ

Copyright © 2015 転職するならJava!エンジニアーズスペース All Rights Reserved.