転職するならJava!エンジニアーズスペース

エンジニア転職の広き門、Javaエンジニア

人気・需要・将来性!転職するなら、Javaエンジニアが一押し!

よく見られている記事

Javaエンジニアのニーズとは

最も人気のあるプログラミング言語

Javaは数多くあるプログラミング言語の中で最も標準規格に近い言語として人気があります。これはJavaの開発環境は比較的容易に手に入りやすいのも要因の1つだと思います。加えて、習得しているプログラマーの数が多く、修得することで他の主要なプログラム言語で応用が利く技術が身につくのも人気の要因です。Javaはオブジェクト指向のような最新のプログラミング言語に欠かせない重要な概念や機能が詰め込まれており、それらはほとんどの主要なプログラミング言語に必要な考え方や知識なのです。そのため初心者が初めに学ぶプログラミング言語として推奨されていることが多いです。しかしJavaのみで実際の開発現場に通用するという訳ではないので注意が必要です。例えば統合開発環境であるeclipseはJava以外にも応用できる非常に優れたツールで、このようなツールについて学ぶことで開発における確かな実力を身につけられるのです。とはいえ、Javaについて概念や機能をマスターしていれば短時間で大半のプログラミング言語を実用レベルで身につける事が可能なので、標準規格として人気があります。それゆえに多くの企業でJavaを習得した人材を優遇する傾向があり、これが余計にJavaの人気を助長しています。

各業界でのニーズ

Web業界ではソーシャル分野が発展し始めてからPHPを扱うエンジニアの需要が高まっていました。しかしここ最近Java経験者を求める求人が増えつつあります。これに伴ってシステム業界、特にSIerでJavaやPHPを使用したWebアプリ開発経験者のニーズが高まっています。募集全体の70%がJavaやPHPを使用したWebアプリケーション開発経験者で、その他ASP.NETやVB.NETでの開発経験を必須とする求人があります。IT業界の求人数がコンスタントにあることを考えると、エンジニアのほとんどが習得しているプログラミング言語のJavaを身につけることで、今後プログラマーやシステムエンジニアとして生きていく上で非常に大きな意味を持つのは明白です。開発現場では業界や会社、プロジェクトごとに異なるプログラミング言語をあつかうことになることが珍しくありません。そんな中でエンジニアどうしがお互いの知識やスキルを共有できるような共通言語が必要不可欠になってきます。Javaはそういったプログラミング言語の共通言語として存在し、自分の考えやスキルを相手に伝えるために誰もが習得している必要があるのです。そのためこれからも基本的にJava言語の需要がなくなることはないでしょう。ただしJavaエンジニアはJavaのみを扱うのでは将来性は低いと言わざるを得ません。Java以外に言語やスキルを着実に増やしていくことで、プログラマーやシステムエンジニアとしてステップアップするための確実な第一歩となるでしょう。

Java未経験者にオススメの記事

Javaエンジニアのやりがいとは

Javaにはプログラミングを習得する上で必要となる一通りの概念が網羅されており、最初に覚える言語としても最適です。Javaは初心者向けの言語であるとして敬遠するエンジニアもいますが、Javaの採用範囲の広さと需要の高さをみれば、敬遠すべき言語なのかどうかは一目瞭然です。エンジニアの世界ではJavaができるというだけで有利になることはありません。いかに使いこなせるかが腕の見せ所です。

未経験でもJavaエンジニアに転職できる?

IT系開発現場は慢性的な人材不足に悩まされ、WEB系やスマホアプリ開発などは猫の手も借りたい状況にあります。とはいえ、本当に猫の手でも良いのか言えば、当然のことながら答えはNO。忙しいからこそ、即戦力を求めているのが本音です。では、未経験者が入る隙間はないのかと言えば、そんなことはありません。経験者よりも不利になることは確かですが、未経験者可の求人募集を狙えば可能性は十分にあります。

まずはJavaエンジニアとしてのプロを目指す

Javaエンジニアとしての一歩を踏み出したら、プロのJavaエンジニアとしての道を究めるべく、スキルアップのための勉強を積み重ねる日々が始まります。進化の早いIT技術を扱うIT系エンジニアたちは、どんなベテランであっても常にスキルアップと知識の習得に励んでいます。自ら貪欲に学ぶ姿勢がなければエンジニアとしての道は途絶えると言っても過言ではありません。

↑ ページトップへ

Copyright © 2015 転職するならJava!エンジニアーズスペース All Rights Reserved.