転職するならJava!エンジニアーズスペース

Javaエンジニアとしてスキルを極めるにはどんなことが必要?

人気・需要・将来性!転職するなら、Javaエンジニアが一押し!

極め方は座学だけじゃない

とにかく書いて動かしてみる

未経験の方がJavaエンジニアへの転職を試みる場合、何からはじめて良いのか戸惑う方がいるかもしれません。まずは、インターネットでの動画配信を通した学習や、Java専門の書籍を読んでの独学などで必要な知識を得ていく人が多いと思います。そうした座学で知識を得ることは、未経験だから必要というわけではなく、Javaエンジニアとして知識をアップデートし、スキルアップを図りたいときにも必要です。ただ、座学での学習でスキルを習得したと満足してはいけません。というのも、実際に現場に出ると多くのライバルがおり、その中で即戦力となる人に軍配が上がるからです。そのため、得た知識をどんどんアウトプットすることが望ましいでしょう。といっても、最初から難しいプログラムを書く必要はありません。重要なのは、自分の手を動かし、とにかく書いて実践を積むことです。ときには、ミスも発生しプログラムが動かなくなることもあるでしょう。しかし、そうした問題点を自分で見出し、どうしたら解決できるのかを探ることで、実践力に加えて問題解決力の習得にも繋がります。プログラムが完成したら、ポートフォリオを作成しましょう。それが自身をアピールするための武器となり、転職活動に役立てることができます。

交流会や勉強会に足を運ぶ

Javaエンジニアに必要なのは、技術力だけではありません。今よりもさらに上を目指し、自分自身を磨きたいのであれば、コミュニケーションスキルも高めておいたほうが良いでしょう。そのため、できれば多くの人と会話を交わすことが望ましいのですが、コミュニケーションスキルをアップさせるために最適なのが、交流会や勉強会という場です。そうした場には志を同じくする方々が多数集い、多くの意見が交換されます。相手がどのような伝え方をしているのかや言葉を発するタイミング、リアクションの取り方などをじっくり観察する絶好の機会です。実際に多くの同士たちと会話を交わしつつ、表現方法やコミュニケーション手法を学ぶことができます。また、こうした場に参加することで、IT業界の動向や最新技術の情報などをいち早くキャッチできるというメリットもあります。さらに、同業者はもちろん、ときには他業者との出会いがあるのも交流会や勉強会に足を運ぶメリットだと言えるでしょう。IT業界で末永く活躍するためには、多方面に人脈を広げていた方が断然有利となります。コミュニケーションスキルを向上させるほか、情報収集や人脈作りという観点からしても、今後円滑な人間関係を築くために交流会や勉強会へ積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

よく見られている記事

Java未経験者にオススメの記事

Javaエンジニアのやりがいとは

Javaにはプログラミングを習得する上で必要となる一通りの概念が網羅されており、最初に覚える言語としても最適です。Javaは初心者向けの言語であるとして敬遠するエンジニアもいますが、Javaの採用範囲の広さと需要の高さをみれば、敬遠すべき言語なのかどうかは一目瞭然です。エンジニアの世界ではJavaができるというだけで有利になることはありません。いかに使いこなせるかが腕の見せ所です。

未経験でもJavaエンジニアに転職できる?

IT系開発現場は慢性的な人材不足に悩まされ、Web系やスマホアプリ開発などは猫の手も借りたい状況にあります。とはいえ、本当に猫の手でも良いのか言えば、当然のことながら答えはNO。忙しいからこそ、即戦力を求めているのが本音です。では、未経験者が入る隙間はないのかと言えば、そんなことはありません。経験者よりも不利になることは確かですが、未経験者可の求人募集を狙えば可能性は十分にあります。

まずはJavaエンジニアとしてのプロを目指す

Javaエンジニアとしての一歩を踏み出したら、プロのJavaエンジニアとしての道を究めるべく、スキルアップのための勉強を積み重ねる日々が始まります。進化の早いIT技術を扱うIT系エンジニアたちは、どんなベテランであっても常にスキルアップと知識の習得に励んでいます。自ら貪欲に学ぶ姿勢がなければエンジニアとしての道は途絶えると言っても過言ではありません。

↑ ページトップへ

Copyright © 2015 転職するならJava!エンジニアーズスペース All Rights Reserved.